最近の活動

最近の活動

No Photo
日米共同公募委託研究 JUNO3/NICT224
research

2022年6月

NICT並びに米国NSFが助成する日米共同公募委託研究に、「Beyond 5Gネットワークのセキュリティ、プライバシーを保護するプログラマブルデータプレーン技術」が採択されました。兵庫県立大学、カリフォルニア大学リバーサイド校、ジョージワシントン大学と3年間共同じ実施します。

No Photo
y-yoshinaka
IEEE NetSoft 2022
research

2022年4月

博士前期課程1年の吉仲 佑太郎君の論文“Feasibility of Network-layer Anonymity Protocols at Terabit Speeds using a Programmable Switch”が国際会議IEEE NetSoft 2022 のショートペーパセッションに採択されました。

No Photo
y-yoshinaka
IFIP Networking 2022
research

2022年4月

博士前期課程1年の吉仲 佑太郎君の論文“gPHI: Lightweight Anonymity Protocol for Anonymity at Host and AS Levels”が国際会議IFIP Networking 2022 に採択されました。

No Photo
j-takemasa
科研若手
research

2022年4月

科研若手に「5Gコアにおけるプログラマブルスイッチを用いた超多数フローの高速ステートフル転送」が採択されました。

No Photo
k-kita
Elsevier Computer Networks
research

2022年3月

博士後期課程2年の北 健太朗君の論文 “Private retrieval of location-related content using k-anonymity and application to ICN” が Elsevier Computer Networks に採録されました。

y-yoshinaka
大阪大学基礎工学部 楠本賞
research

2022年3月24日

学部4年生の吉仲 佑太郎君が大阪大学 基礎工学部 楠本賞を受賞しました。

s-higuchi
大阪大学 情報科学研究科賞
research

2022年3月24日

博士前期課程 2 年の樋口 俊介君が大阪大学 情報科学研究科賞を受賞しました。

j-takemasa
大阪大学 大学院情報科学研究科 大学院基礎工学研究科 嵩賞
research

2022年3月24日

武政助教が大阪大学 大学院情報科学研究科 大学院基礎工学研究科 嵩賞を受賞しました。

No Photo
k-hamanaka
電子情報通信学会総合大会
research

2022年3月16日

博士前期課程1年の濱中圭吾君が電子情報通信学会総合大会で、ドメイン内フィンガープリント攻撃に関する研究成果を発表しました。

研究室Webサイト更新
lab

2022年3月1日

研究室のWebサイトを更新しました。

ykoizumis-higuchi
学生との対談
lab

2022年2月21日

小泉准教授と樋口君の対談が公開されました。

No Photo
r-taoy-maegawag-yoshikaway-yoshinakat-ichikawas-higuchi
修士論文・特別研究報告発表会
research

2022年2月10日/15日

博士前期課程2年・学部4年生の学生が、修論・卒論の成果を発表しました。

s-higuchi
NS研究会若手研究奨励賞
research

2022年1月28日

博士前期課程2年の樋口俊介君が電子情報通信学会NS研究会で若手研究奨励賞を受賞しました。

ykoizumi
大阪大学賞
research

2021年11月24日

小泉准教授が大阪大学賞若手教員部門を受賞しました。

No Photo
t-hasegawaykoizumi
NICT受託研究(課題番号19303)評価結果
research

2021年11月22日

2018~2021年度に実施したNICT 19303「ソーシャルメディア時代の高信頼災害時通信の研究開発」の総合評価として、Sの評価を得ました。

s-higuchi
ICNP 2021
research

2021年11月4日

博士前期課程2年の樋口俊介君がIEEE ICNPで学習型インデックスに関する研究成果を発表しました。

No Photo
k-kitah-masuda
コンピュータセキュリティシンポジウム 2021
research

2021年10月26日

博士後期課程2年の北健太朗君と博士後期課程1年の増田大輝君が、オンラインでコンピュータセキュリティシンポジウム2021で発表しました。

No Photo
t-hasegawaykoizumi
NICT受託研究評価結果
research

2021年9月

2016~2020年度に実施したNICT 19101「IoTインタネットを支えるプライバシー保護ルーティング・輻輳制御技術」の総合評価として、Sの評価を得ました。

No Photo
ry-yamadaj-takemasa
ACM ICN 2021
research

2021年9月22日

武政淳二助教が、オンラインで国際会議 ACM Information Centric Neworking (ICN) 2021のテクニカルセッションで発表しました。また博士前期課程1年の山田諒真君がポスターセッションで発表しました。

No Photo
s-higuchih-masudaj-takemasaykoizumi
電子情報通信学会ソサイエティ大会
research

2021年9月14日〜17日

博士前期課程2年の樋口俊介君、博士後期課程1年の増田大輝君、武政淳二助教、小泉佑揮准教授が、オンラインで電子情報通信学会ソサイエティ大会で発表しました。

No Photo
s-higuchi
NS研究会
research

2021年9月9日

博士前期課程2年の樋口俊介君が電子情報通信学会NS研究会で発表しました。 「学習型インデックスの高速化とパケット転送への適用」発表論文は、NS研究会の奨励講演依頼対象論文として選定されました。

No Photo
yo-nakagawary-yamada
ICN研究会ワークショップ・ハッカソン
research

2021年8月26日・27日

博士前期課程1年の中川慶彦君と山田諒真君が電子情報通信学会 第19回ICN研究会ワークショップでのハッカソンで研究成果を発表しました。

No Photo
j-takemasa
IN研究会
research

2021年8月5日

武政助教が電子情報通信学会情報ネットワーク (IN) 研究会でプログラマブルスイッチを用いた10 Tbps級のICNフォワーディングについて発表しました。

No Photo
ykoizumi
IWQoS Poster Chair
research

2021年7月25日

小泉准教授が、IEEE/ACM International Symposium on Quality of Service (IWQoS) のPoster Chairを務めました。

No Photo
ykoizumi
LANMAN TPC Chair
research

2021年7月25日

小泉准教授が、IEEE International Symposium on Local and Metropolitan Area Networks (LANMAN) のTPC Chairを務めました。

h-masuda
LANMAN 2021
research

2021年7月25日

博士後期課程1年の増田大輝君が国際会議IEEE LANMAN 2021で、“Model Fragmentation, Shuffle and Aggregation to Mitigate Model Inversion in Federated Learning” を発表しました。

No Photo
NBiS 2021
research

2021年6月

共同研究者の静岡大学 北川沢水さんの論文が国際会議International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS-2021) に採択されました。

No Photo
t-hasegawa
情報処理学会 功績賞
research

2021年6月

長谷川教授が情報処理学会より功績賞を受賞しました。

No Photo
t-hasegawa
TaPoPF Keynote
research

2021年6月28日

長谷川教授がInternational Workshop on Theory and Practice of Programmable Forwarding で、基調講演を行いました。
スライド

No Photo
s-higuchi
ACM SIGMETRICS Performance Evaluation Review
research

2021年5月

博士前期課程2年の樋口俊介君の論文 “Feasibility of Longest Prefix Matching using Learned Index Structures” がACM SIGMETRICS Performance Evaluation Reviewに掲載されました。