研究業績

目次

2022

論文誌

国際会議

研究会・口頭発表

  1. 速水祐作, 武政 淳二, 大岡睦, 松園和久, “2021年度 ICN 研究会ワークショップ開催報告 Cefore ハンズオンならびにハッカソンのオンライン実施,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (BT-3-3), Mar. 2022.
  2. 濱中 圭吾, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “ドメイン内フィンガープリント攻撃に適した特徴量に関する一考察,” 2022年電子情報通信学会総合大会論文集(B-6-63), Mar. 2022.

2021

論文誌

  1. Shunsuke Higuchi, Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Atsushi Tagami, Toru Hasegawa, “Feasibility of Longest Prefix Matching Using Learned Index Structures,” SIGMETRICS Perform. Eval. Rev., May 2021. Paper

国際会議

  1. Toru Hasegawa, Shota Yamada, Yuki Koizumi, “A Study on Privacy Protection in ICN Networks using Multiple Encryption Keys,” in Proceedings of 2021 International Conference on Emerging Technologies for Communications (ICETC 2021), Dec. 2021.
  2. Shunsuke Higuchi, Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Atsushi Tagami, Toru Hasegawa, “Learned FIB: Fast IP Forwarding without Longest Prefix Matching,” in Proceedings of The 29th IEEE International Conference on Network Protocols (ICNP 2021), Nov. 2021. Paper
  3. Junji Takemasa, Ryoma Yamada, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “ccnGen: A High-speed Generator of Bidirectional CCN Traffic Using A Programmable Switch,” in ACM Conference on Information-Centric Networking (ACM ICN 2021), Poster\&Demo Session, Sep. 2021.
  4. Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Vision: Toward 10 Tbps NDN Forwarding with Billion Prefixes by Programmable Switches,” in ACM Conference on Information-Centric Networking (ACM ICN 2021), Sep. 2021.
  5. Takumi Kitagawa, Tetsushi Ohki, Yuki Koizumi, Yoshinobu Kawabe, Toru Hasegawa, Masakatsu Nishigaki, “Deterrence-Based Trust: A Study on Improving the Credibility of Social Media Messages in Disaster Using Registered Volunteers,” in Proceedings of International Conference on Network-Based Information Systems, Sep. 2021.
  6. Hiroki Masuda, Kentaro Kita, Yuki Koizumi, Junji Takemasa, Toru Hasegawa, “Model Fragmentation, Shuffle and Aggregation to Mitigate Model Inversion in Federated Learning,” in 2021 IEEE International Symposium on Local and Metropolitan Area Networks (LANMAN), Jul. 2021. Paper

研究会・口頭発表

  1. 山田 諒真, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “プログラマブルスイッチを用いた CCN の双方向トラフィック生成に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2021-103), Dec. 2021.
  2. 樋口 俊介, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 田上 敦士, 長谷川 亨, “[奨励講演]区分線形近似を応用した学習型インデックスの高速化とIP FIBへの応用,” 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2021-115), Dec. 2021.
  3. 小泉 佑揮, 樋口 俊介, 武政 淳二, 田上 敦士, 長谷川 享, “学習型インデックス構造のIP FIBへの応用,” 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2021-67), Nov. 2021.
  4. 増田 大輝, 北 健太朗, 小泉 佑揮, 武政 淳二, 長谷川 亨, “連合学習のためのモデル分割,シャッフル,集約によるモデル漏洩の防止に関する一考察,” コンピュータセキュリティシンポジウム2021, Oct. 2021.
  5. 北 健太朗, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “ミドルボックスを経由する通信の安全性を保証するための要件の定義とプロトコルの設計に関する一考察,” コンピュータセキュリティシンポジウム2021, Oct. 2021.
  6. 増田 大輝, 北 健太朗, 小泉 佑揮, 武政 淳二, 長谷川 亨, “連合学習における教師データのプライバシー保護のための学習プロトコルの設計に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-6-29), Sep. 2021.
  7. 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “プログラマブルスイッチと汎用計算機を組み合わせた NDN ルータに関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-17), Sep. 2021.
  8. 小泉 佑揮, 笹沼涼介, 長谷川 亨, “災害時ツイートにおける投稿ユーザーとイベント位置の一貫性と一次情報に関する調査,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-11-19), Sep. 2021.
  9. 樋口 俊介, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 田上 敦士, 長谷川 亨, “学習型インデックスに基づくFIBの高速な実装に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-6-46), Sep. 2021.
  10. 樋口 俊介, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 田上 敦士, 長谷川 亨, “学習型インデックスの高速化とパケット転送への適用,” 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2021-65), Sep. 2021.
  11. 山田 諒真, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “P4プログラマブルスイッチを活用したCCNトラフィックジェネレータ,” 電子情報通信学会 第19回ICN研究会ワークショップ, Aug. 2021.
  12. 中川 慶彦, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, 武政 淳二, “CCNベースの災害時グループ通信デモンストレーション,” 電子情報通信学会 第19回ICN研究会ワークショップ, Aug. 2021.
  13. 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “プログラマブルスイッチと計算機を組み合わせた10TbpsのNDNパケットフォワーディングに関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告(IN2021-10), Jul. 2021.
  14. Toru Hasegawa, “Revisiting High-Speed Forwarding: Cases for State-full forwarding and Learned Index based Forwarding,” 1st International Workshop on Theory and Practice of Programmable Forwarding, Key Note Speech, Jun. 2021.
  15. 武政 淳二, 田上 敦士, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “高人気パケットの分散割り当てによるマルチスレッドNDNソフトウェアルータの高速化に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2020-61), Mar. 2021.
  16. 武政 淳二, 小泉 佑揮, 田上 敦士, 長谷川 亨, “NDNベースのエッジコンピューティング環境における位置データの計算ノード選択に関する一考察,” 情報処理学会研究報告 (DPS-186), Mar. 2021.
  17. 樋口 俊介, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 田上 敦士, 長谷川 亨, “学習型インデックスを用いた IP の最長一致検索の性能評価,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-5), Mar. 2021.
  18. 山田 翔太, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “ICN網における複数暗号鍵を用いた名前暗号化の頻度攻撃に対する脆弱性に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-13), Mar. 2021.
  19. 長谷川 亨, 山田 翔太, 小泉 佑揮, “ICN網における複数暗号鍵を用いた名前暗号化によるプライバシー保護に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2020-75), Mar. 2021.
  20. 阿部 哲也, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “災害時ツイートからの救助要請抽出に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2020-84), Jan. 2021.

2020

論文誌

  1. Junji Takemasa, Atsushi Tagami, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Load Balancing for Stateful Forwarding by Mitigating Heavy Hitters: A Case for Multi-Threaded NDN Software Routers,” IEEE Access, Aug. 2020. Paper
  2. Kentaro Kita, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, Onur Ascigil, Ioannis Psaras, “Producer Anonymity based on Onion Routing in Named Data Networking,” IEEE Transactions on Network and Service Management (IEEE TNSM), Aug. 2020. Paper
  3. Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Data prefetch for fast NDN software routers based on hash table-based forwarding tables,” Computer Networks, May 2020. Paper
  4. Yoji Yamamoto, Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “A Packet-level Caching Algorithm for Mitigating Negative Effects Caused by Large Objects in ICN Networks,” IEEE Access, May 2020. Paper

国際会議

  1. Mitsuru Uesugi, Yoshiaki Shinagawa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “NDN-based Location Data Retrieval Leveraging LPWA,” in Proceedings of IEICE International Conference on Emerging Technologies for Communications, Dec. 2020.
  2. Yuki Koizumi, Yoji Yamamoto, Toru Hasegawa, “NDN-based Publish/Subscribe Communication in Disasters,” in Proceedings of IEICE International Conference on Emerging Technologies for Communications, Dec. 2020.
  3. Junji Takemasa Shunsuke Higuchi, Toru Hasegawa, “Feasibility of Longest Prefix Matching using Learned Index Structures,” in Proceedings of Workshop on AI in Networks and Distributed Systems(WAIN), Nov. 2020.
  4. Yoshinobu Kawabe, Yuki Koizumi, Tetsushi Ohki, Masakatsu Nishigaki, Toru Hasegawa, “Toward Mathematical Analysis for Quantity of Trust,” in Proceedings of 35th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2020), Jul. 2020.

研究会・口頭発表

  1. 武政 淳二, 田上 敦士, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “高人気パケットの分散割り当てによるマルチスレッドNDNルータの高速化,” 電子情報通信学会第 18 回情報指向ネットワーク研究会, Dec. 2020.
  2. Kentaro Kita, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, Onur Ascigil, Ioannis Psaras, “Producer Anonymity based on Onion Routing in Named Data Networking,” The interim meeting of IRTF Information-Centric Networking Research Group (ICNRG), Dec. 2020.
  3. 樋口 俊介, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 田上 敦士, 長谷川 亨, “学習型インデックスを用いた IP の最長一致検索の性能評価に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2020-38), Dec. 2020.
  4. 北 健太朗, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “信頼できないノード上で位置プライバシー保護機能を提供するアノニマイザの設計に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-13), Sep. 2020.
  5. 小山 亮, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “排他制御しない PIT を用いたマルチコア NDN ルータで発生するエラーの検証法に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-11), Sep. 2020.
  6. 樋口 俊介, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “学習型インデックスのIPの最長一致検索への適用に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-4), Sep. 2020.
  7. 山本 瑶司, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “分断されたアドホック網におけるNDNベースPublish/Subscribe通信に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-12), Sep. 2020.
  8. 小山 亮, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 田上 敦士, 長谷川 亨, “排他制御しない PIT を用いたマルチコア NDN ルータで発生するパケット転送誤りからの回復に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2020-14), Aug. 2020.
  9. 増田 大輝, 北 健太朗, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “遠隔計算検証法における検証情報を用いた攻撃と対策,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-10), Mar. 2020.
  10. 北 健太朗, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDN網での位置関連コンテンツ検索におけるk-匿名性を用いたプライバシー保護手法,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2019-108), Mar. 2020.
  11. 江夏 永広, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “複数パケット名を活用した頻度攻撃に対するICNにおけるーデータ名暗号化の脆弱性に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-3), Mar. 2020.
  12. 江夏 永広, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “ 頻度攻撃に対するICNにおけるデータ名暗号化の脆弱性に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2019-109), Mar. 2020.
  13. 梅田 直希, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “モデル分割による遠隔画像認識におけるプライバシー保護に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-34), Mar. 2020.
  14. 小山 亮, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “排他制御を廃したマルチコア NDN ルータにおいてプログラムエラーを発生させない PIT の設計に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-2), Mar. 2020.
  15. クルボノヴ ウルグベク, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, 西垣 正勝, 大木 哲史, 河辺 義信, “多数決に基づくSNS投稿の信憑性評価に関する一考察,” 情報処理学会研究報告, Vol.2020-DPS-182, No.25, pp.1-6, Mar. 2020.
  16. 村井 穏永, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDNベースのアドホック網におけるPublish/Subscribe通信のRP選択と経路構築に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-1), Mar. 2020.
  17. 村井 穏永, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “分断されたNDNベースのアドホック網におけるPublish/Subscribe通信プロトコルに関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2019-111), Mar. 2020.
  18. 山本 瑶司, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “セグメント先読みを用いた DASH コンテンツの平均レート向上に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-35), Mar. 2020.
  19. 山本 瑶司, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “キャッシュ存在下における DASH コンテンツのセグメント先読みアルゴリズムに関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2019), Mar. 2020.
  20. 山根 有輝也, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “救助要請抽出のための災害時ツイートの解析,” 情報処理学会研究報告, Vol.2020-DPS-182, No.24, pp.1-6, Mar. 2020.
  21. 小泉 佑揮, 武政 淳二, 小山 亮, 田上 敦士, 長谷川 亨, “NDN のステートフルパケット転送並列化のための排他制御を必要としない PIT の設計,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2019-70), Jan. 2020.

2019

論文誌

  1. Yoshiki Kurihara, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, , Mayutan Arumaithurai, “Location-based Forwarding with Multi-Destinations in NDN Networks,” IEICE Transactions on Communications, Sep. 2019. Paper
  2. Mari Otokura, Kenji Leibnitz, Yuki Koizumi, Daichi Kominami, Tetsuya Shimokawa, Masayuki Murata, “Evolvable Virtual Network Function Placement Method: Mechanism and Performance Evaluation,” IEEE Transactions on Network and Service Management, Mar. 2019.
  3. Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Lightweight Cache Admission Algorithm for Fast NDN Software Routers,” IPSJ Journal of Information Processing, Feb. 2019. Paper

国際会議

  1. Mohammad Jahanian, Toru Hasegawa, Yoshinobu Kawabe, Yuki Koizumi, Amr Magdy, Masakatsu Nishigaki, Tetsushi Ohki, K.K. Ramakrishnan, “DiReCT: Disaster Response Coordination with Trusted Volunteers,” in Proceedings of 6th International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management (ICT-DM), Dec. 2019.
  2. Yuki Koizumi, Yoji Yamamoto, Toru Hasegawa, “Emergency Message Delivery in NDN Networks with Source Location Verification,” in Proceedings of ICNSRA,a GLOBECOM Workshops 2019, Dec. 2019. Paper
  3. Kentaro Kita Masuda Hiroki, Toru Hasegawa, “On Verification of Remote Computing on Potentially Untrusted Nodes,” in Proceedings of IEEE International Conference on Network Protocols (ICNP), Poster\&Demo Session, Oct. 2019.
  4. Onur Ascigil, Sergi Reñé, Michal Król, George Pavlou, Lixia Zhang, Toru Hasegawa, Yuki Koizumi, Kentaro Kita, “Towards Peer-to-Peer Content Retrieval Markets: Enhancing IPFS,” in Proceedings of the International Conference on Information-Centric Networking (ACM ICN), Sep. 2019. Paper
  5. Yoji Yamamoto, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, Giulio Rossi, Andrea Detti, Onur Ascigil, Ioannis Psaras, “Multiple Network Function Execution in ICN-based Crowdsensing Service,” in Proceedings of ACM ICN, Sep. 2019. Paper
  6. Yoshiki Kurihara, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Computing Node Selection for Location-based Service in NDN Networks,” in Proceedings of IEEE International Symposium on Local and Metropolitan Area Networks (LANMAN) 2019, Jul. 2019.
  7. Yoshinobu Kawabe, Yuki Koizumi, Tetsushi Ohki, Masakatsu Nishigaki, Toru Hasegawa, Tetsuhisa Oda, “On Trust Confusional, Trust Ignorant, and Trust Transitions,” in Proceedings of 13th IFIP WG 11.11 International Conference on Trust Management (IFIPTM) 2019, Jul. 2019.
  8. Atsushi Tagami, Kazuaki Ueda, Rikisenia Lukita, Jacopo De Benedetto, Mayutan Arumaithurai, Giulio Rossi, Andrea Detti, Toru Hasegawa, “Tile-based Panoramic Live Video Streaming on ICN,” in Proceeding of IEEE 6th International Workshop on Research Advancements in Future Networking Technologies (RAFNET), May 2019.

研究会・口頭発表

  1. 笹沼 涼介, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “隣接関係の解析を用いた位置検証に関する一考察,” 情報処理学会研究報告, Vol.2019-DPS-181, No.6, pp.1-7, 2019, Dec. 2019.
  2. 増田 大輝, 北 健太朗, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “信頼されていない計算ノードのプログラムの実行検証法に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-8), Sep. 2019.
  3. 小山 亮, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “マルチコア NDN ルータにおけるメモリ参照順が PIT 処理に与える影響に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-22), Sep. 2019.
  4. 笹沼 涼介, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “偽装ワーカーがグラフベースの位置検証に与える影響に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-7), Sep. 2019.
  5. クルボノブ ウルグベク, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, 西垣 正勝, 大木 哲史, 河辺 義信, “災害時におけるボランティアによるメッセージの信憑性の評価に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-25), Sep. 2019.
  6. 村井 穏永, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDN 網 における Publish/Subscribe 通信プロトコルのビザンチン攻撃に対する耐性に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-21), Sep. 2019.
  7. 山本 瑶司, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “クラウドセンシングにおけるネットワーク内計算による処理遅延低減の実験的評価,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-19), Sep. 2019.
  8. 澁谷 広軌, 栗原 佳輝, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “ICNネットワークにおけるインネットワーク計算処理を用いた位置ベースサービスの実装,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-10), Mar. 2019.
  9. ダンゴル ジェシャン, 北 健太朗, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “匿名集合を用いた位置プライバシー保護手法の点過程による評価方法に関するー考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-38), Mar. 2019.
  10. 武政 淳二, 山田 裕太郎, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “PITの排他制御の細粒度化によるマルチコアNDNルータの高速化に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2018), Mar. 2019.
  11. 笹沼 涼介, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “群衆ソーシングにおけるグラフベースの位置検証に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-40), Mar. 2019.
  12. 北川 沢水, 向平 浩貴, 上原 航汰, 井上 佳祐, 本多 俊貴, 大木 哲史, 小泉 佑揮, 河辺 義信, 長谷川 亨, 西垣 正勝, “生体情報は災害時通信における信頼性向上に寄与するのか?,” 情報処理学会第81回全国大会講演論文集(1ZA-01), Mar. 2019.
  13. クルボノヴ ウルグベク, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, 西垣正勝, 大木哲史, 河辺義信, “災害時における認証されていないノードの信頼管理に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-6-34), Mar. 2019.
  14. 栗原 佳輝, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “名前通信を用いた位置ベースサービスにおけるエッジコンピューティング機構の設計に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2018-118), Mar. 2019.
  15. 栗原 佳輝, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “名前通信を用いた位置ベース検索の性能評価に関する一考察式,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-6), Mar. 2019.
  16. 村井 穏永, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDN網におけるDoS耐性のあるPublish/Subscribe通信プロトコルに関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-8), Mar. 2019.
  17. 村井 穏永, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDNベースのアドホック網におけるDoS耐性のあるPublish/Subscribe通信プロトコルに関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2018-119), Mar. 2019.
  18. 山田 裕太郎, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “マルチコア NDN ルータにおける排他制御の必要な PIT の操作に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-53), Mar. 2019.
  19. 山本 瑶司, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “ICNルータのキャッシュが引き起こすDASHコンテンツのビットレート振動に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-28), Mar. 2019.
  20. 山本 瑶司, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “ICNルータにおけるパケット単位キャッシュ挿入判別による大容量オブジェクトの自己置換の抑制,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2018-73), Jan. 2019.

2018

論文誌

  1. Yoshiki Kurihara, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Replicating a Rendezvous Node for a Core-based Tree Multicast Protocol in NDN Networks for Providing Low Latency,” IEICE Communications Express, Mar. 2018.

国際会議

  1. Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Analysis of Mutual Exclusion Overhead of NDN Packet Forwarding on Multi-core Software Router,” in Proceedings of ACM ICN, Sep. 2018.
  2. Kentaro Kita, Yoshiki Kurihara, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Location Privacy Protection with a Semi-honest Anonymizer in Information Centric Networking,” in Proceedings of the International Conference on Information-Centric Networking (ACM ICN), Sep. 2018. Paper
  3. Yoji Yamamoto, Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Analysis on Caching Large Content for Information Centric Networking,” in Proceedings of ACM ICN, Sep. 2018.
  4. Yuki Koizumi, Junji Takemasa, Toru Hasegawa, “A Game-Theoretic Approach to Resolve Conflict Between Traffic Engineering for Energy Efficiency and Load Balancing,” in Proceedings of IEEE International Symposium on Local and Metropolitan Area Networks (LANMAN 2018), Jun. 2018.
  5. Yoshiki Kurihara, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Compact Data Structures for Location-based Forwarding in NDN Networks,” in Proceedings of IEEE ICC 2018 Workshop on Information Centric Network Solutions for Real-World Applications (ICNSRA 2018), May 2018.

研究会・口頭発表

  1. 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “高速なNDNソフトウェアルータのためのキャッシュ挿入判別アルゴリズム,” 電子情報通信学会第 13 回情報指向ネットワーク研究会, Dec. 2018.
  2. 武政淳二, 小泉佑揮, 長谷川亨, “NDN パケットの並列処理における PIT の受信状態の一貫性保証に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-11), Sep. 2018.
  3. 北 健太朗, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “プライバシー保護位置ベースサービスのおけるユーザの識別不能性保証に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-20), Sep. 2018.
  4. 栗原 佳輝, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “前方一致に基づく位置ベースの複数データ検索に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-33), Sep. 2018.
  5. 山本 瑶司, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “キャッシュ挿入判別を用いた自己置換の抑制に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-10), Sep. 2018.
  6. 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “高速な PC ベース NDN フォワーディングエンジンの実装,” 電子情報通信学会第 12 回情報指向ネットワーク研究会, Aug. 2018.
  7. 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “PC ベース NDN ルータのための高速なキャッシュアルゴリズムに関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-36), Mar. 2018.
  8. 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “PC ベース NDN ルータのための高速なキャッシュアルゴリズムの解析,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2017), Mar. 2018.
  9. 劉 嘉い, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDN網におけるセキュアな緊急通信に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2017-205), Mar. 2018.
  10. 栗原 佳輝, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDN 網における共有木の根の複製を用いたマルチキャスト方式,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-38), Mar. 2018.
  11. 栗原 佳輝, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “位置を考慮したランデブー機構の IoT 通信への適用に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (NS2018-233), Mar. 2018.
  12. 山本 瑶司, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “情報指向ネットワークにおける大容量コンテンツのパケット単位キャッシュの解析,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-37), Mar. 2018.
  13. 山本瑶司, 武政淳二, 小泉佑揮, 長谷川亨, “情報指向ネットワークにおける大容量コンテンツのパケット単位キャッシュのモデル化と解析,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2017-122), Mar. 2018.

2017

論文誌

  1. Masanori Ishino, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Relay Mobile Device Discovery with Proximity Services for User-Provided IoT Networks,” IEICE Transactions on Communications, Nov. 2017.
  2. Yo Nishiyama, Masanori Ishino, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, Kohei Sugiyama, Atsushi Tagami, “Routing-Based Mobility Architecture for Future 5G Cellular Networks,” IEICE Transactions on Communications, Oct. 2017.

国際会議

  1. Yoji Yamamoto, Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “On an impact of large content on packet-level caching of information centric networking,” in Proceedings of IEEE 25th International Conference on Network Protocols (ICNP), Poster\&Demo Session, Oct. 2017.
  2. Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Toward an Ideal NDN Router on a Commercial Off-the-shelf Computer,” in Proceedings of ACM ICN, Sep. 2017.
  3. Kazuaki Ueda, Yuma Ishigaki, Atsushi Tagami, Toru Hasegawa, “Panoramic Streaming using Named Tiles,” in Proceedings of the 4th International Conference on Information-Centric Networking (ACM ICN 2017), Sep. 2017.
  4. Takashi Mangoe, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Maximizing Minimum Throughput Enhances Cell Association in Heterogeneous Networks,” in Proceedings of the 23th IEEE Workshop on Local and Metropolictan Area Networks(LANMAN 2017), Jun. 2017.

研究会・口頭発表

  1. 北 健太朗, 劉 嘉い, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “マルチキャストを用いた位置プライバシーの保証に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2017-63), Dec. 2017.
  2. 武政淳二, 小泉佑揮, 長谷川亨, “PC ベースNDNルータの並列化に伴う処理時間増加の分析に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-27), Sep. 2017.
  3. 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “高速なPC ベース NDN ルータのための FIB のデータ構造とアルゴリズムの解析,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2017), Sep. 2017.
  4. 劉 嘉い, 栗原 佳輝, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “k 匿名性を提供する位置ベースのマルチキャストにおける受信範囲の選択に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集(B-7-15), Sep. 2017.
  5. 辻 健太, 武政淳二, 小泉佑揮, 長谷川亨, “生存時間の短いコンテンツのLRUキャッシュヒット率への影響,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-30), Sep. 2017.
  6. 樋口尚宏, 小泉佑揮, 長谷川 亨, “Publish/Subscribe を用いた配信システムにおける認証とアクセス管理に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-29), Sep. 2017.
  7. 外口大凱, 満越貴志, 小泉佑揮, 長谷川 亨, “異種無線網におけるスループット向上のためのインセンティブ機構に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-11-19), Sep. 2017.
  8. 栗原 佳輝, 劉 嘉い, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “Z記法を用いた位置ベースフォワーディングにおける経路集約法の設計と評価,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2017-31), Sep. 2017.
  9. 栗原 佳輝, 劉 嘉い, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “Z記法を用いた位置ベースのフォワーディングにおける経路集約に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-14), Sep. 2017.
  10. 山本 瑶司, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDNルータのパケット単位のキャッシュに起因する自己置換の発生確率の解析法に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-31), Sep. 2017.
  11. 満越 貴志, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “異種無線環境におけるスループットの最小値に注目したセル割り当てアルゴリズムの提案,” 電子情報通信学会技術研究報告(CQ2017-43), Jul. 2017.
  12. 武政 淳二, 谷口 航介, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDN ソフトウェアルータのパケット転送におけるボトルネックの評価,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2016), Mar. 2017.
  13. 武政 淳二, 谷口 航介, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDN ソフトウェアルータのパケット転送におけるボトルネックに関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-74), Mar. 2017.
  14. 劉 嘉い, 栗原 佳輝, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “位置ベースのルーティング/フォワーディングに関する一考察,” 電子情報通信学会全国大会講演論文集(B-7-76), Mar. 2017.
  15. 満越 貴志, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “セルラー網とWi-Fi網の選択がスループットの総和と公平性に与える影響の評価に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-57), Mar. 2017.
  16. 栗原 佳輝, 劉 嘉い, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “Publish/Subscribe を用いた位置ベースのフォワーディング手法の設計と評価,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2016-114), Mar. 2017.
  17. 栗原 佳輝, 劉 嘉い, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “Publish/Subscribe通信を用いた位置ベースのフォワーディング手法の設計,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-77), Mar. 2017.

2016

論文誌

  1. Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Is Caching a Key to Energy Reduction of NDN Networks?,” IEICE Transactions on Communications, Dec. 2016.
  2. Yuichi Ohsita, Takamichi Nishijima, Yuki Koizumi, Masayuki Murata, “Energy Saving Through a Buffer Control Approach for a Data Center Network with Hybrid Optoelectronic Routers,” IEEE/OSA Journal of Optical Communications and Networking, Jul. 2016.
  3. Kaito Ohsugi, Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, Ioannis Psaras, “Power Consumption Model of NDN-based Multicore Software Router based on Detailed Protocol Analysis,” IEEE Journal on Selected Areas in Communications, Jun. 2016.

国際会議

  1. Junji Takemasa, Kosuke Taniguchi, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Identifying Highly Popular Content Improves Forwarding Speed of NDN Software Router,” in Proceedings of IEEE GLOBECOM 2016 Workshop on Information Centric Network Solutions for Real-World Applications (ICNSRA 2016), Dec. 2016.
  2. K. Ryu, Y. Koizumi, T. Hasegawa, “Name-based geographical routing/forwarding support for location-based IoT services,” in Proceedings of IEEE HotPNS, Nov. 2016.
  3. Kosuke Taniguchi, Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “A Method for Designing High-speed Software NDN Routers,” in Proceedings of the 3rd International Conference on Information-Centric Networking (ACM ICN 2016), Oct. 2016.
  4. Toru Hasegawa, Yasutaka Tara, Kai Ryu, Yuki Koizumi, “Emergency Message Delivery Mechanism in NDN Networks,” in Proceedings of the 3rd International Conference on Information-Centric Networking (ACM ICN 2016), Oct. 2016.
  5. Atsushi Tagami, Tomohiko Yagyu, Kohei Sugiyama, Mayutan Arumaithurai, Kenichi Nakamura, Toru Hasegawa, Tohru Asami, KK Ramakrishnan, “Name-based Push/Pull Message Dissemination for Disaster Message Board,” in Proceedings of the 21th IEEE Workshop on Local and Metropolictan Area Networks (LANMAN 2015), Jun. 2016.
  6. Yo Nishiyama, Masanori Ishino, Toru Hasegawa, Kohei Sugiyama, Atsushi Tagami, “A Proposal on Routing-Based Mobility Architecture for ICN-based Cellular Networks,” in Proceedings of the 3rd Workshop on Name-Oriented Mobility: Architecture, Algorithms and Applications (in conjunction with IEEE INFOCOM 2016), Apr. 2016.

研究会・口頭発表

  1. 武政 淳二, 谷口 航介, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “コンテンツのキャッシュ挿入判別による NDN ソフトウェアルータのパケット転送速度の向上,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2016), Dec. 2016.
  2. 劉 嘉い, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “曖昧な位置指定を用いた匿名ルーティングに関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2016), Nov. 2016.
  3. 乙倉 麻里, ライプニッツ 賢治, 小泉 佑揮, 小南 大智, 下川 哲也, 村田 正幸, “進化適応性を備えた仮想ネットワーク機能配置手法の提案と評価,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2016), Oct. 2016.
  4. 後藤 裕哉, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “消費電力の最小化と負荷分散を考慮したトラヒックエンジニアリングに関する一考察,” 情報処理学会関西支部 支部大会 (C-06), Sep. 2016.
  5. 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDN アクセス網におけるキャッシュ機能の消費電力削減に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-25), Sep. 2016.
  6. 劉 嘉い, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDN を用いた位置指定によるセンサデータ取得法に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集(B-7-31), Sep. 2016.
  7. 谷口 航介, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDNプロトコル処理が要するCPUクロック数とDRAMアクセス量のモデル化に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-24), Sep. 2016.
  8. 満越 貴志, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “異種無線環境におけるメディアアクセス制御を考慮した端末の無線網収容最適化モデルに関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-17-23), Sep. 2016.
  9. 西山 陽央, 石野 正典, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “アクセス網におけるトラヒック集中を考慮した分散移動管理に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-7), Sep. 2016.
  10. 西山 陽央, 石野 正典, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, 杉山 浩平, 田上 敦士, “5G に向けた経路制御ベースの分散移動管理の提案,” 電子情報通信学会技術報告書 (IN2016-24), Sep. 2016.
  11. 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “NDN のキャッシュ機能による消費電力増減のトレードオフに関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-5), Mar. 2016.
  12. 谷口 航介, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “マルチコアソフトウェアICNルータの省電力機構を有するCPUデバイスの消費電力推定に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-9), Mar. 2016.
  13. 満越 貴志, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “周波数共用システムにおける網収容制御のモデル化に関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-17-17), Mar. 2016.

2015

論文誌

  1. Masanori Ishino, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “A Routing-Based Mobility Management Scheme for IoT Devices in Wireless Mobile Networks,” IEICE Transactions on Communications, Dec. 2015.
  2. Shohei Kamamura, Hiroshi Yamamoto, Kouichi Genda, Yuki Koizumi, Shin'ichi Arakawa, Masayuki Murata, “Fast Repairing from Large-Scale Failure Using Hierarchical SDN Controllers,” IEICE Transactions on Communications, Nov. 2015.
  3. Toshihiko Ohba, Shin'ichi Arakawa, Yuki Koizumi, Masayuki Murata, “Scalable Design Method of Attractors in Noise-Induced Virtual Network Topology Control,” IEEE/OSA Journal of Optical Communications and Networking, Sep. 2015.

国際会議

  1. Masanori Ishino, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Leveraging Proximity Services for Relay Device Discovery in User-provided IoT Networks,” in Proceedings of the 2nd IEEE World Forum on Internet of Things (WF-IoT 2015), Dec. 2015.
  2. Jan Seedorf, Dirk Kutscher, Atsushi Tagami, Kohei Sugiyama, Mayutan Arumaithurai, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, Nicola Blefari-Melazzi, Tohru Asami, K. K. Ramakrishnan, Tomohiko Yagyu, Ioannis Psaras, “The Benefit of Information Centric Networking for Enabling Communications in Disaster Scenarios,” in Proceedings of IEEE GLOBECOM 2015 Workshop on Information Centric Network Solutions for REAL-World Applications, Dec. 2015.
  3. Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, Ioannis Psaras, “On Energy Reduction and Green Networking Enhancement Due to In-Network Caching,” in Proceedings of the 12th IEEE International Conference on Mobile Ad Hoc and Sensor Systems Workshop on Content Centric Networking (CCN2015), Oct. 2015.
  4. Kohei Sugiyama, Takeshi Kubo, Atsushi Tagami, Toru Hasegawa, “Mean free path applied to message dissemination in opportunistic networks,” in Computer Communications Workshops (INFOCOM WKSHPS), 2015 IEEE Conference on, Sep. 2015.
  5. Tohru Asami, Byambajav Namsraijav, Yoshihiko Kawahara, Kohei Sugiyama, Atsushi Tagami, Tomohiko Yagyu, Kenichi Nakamura, Toru Hasegawa, “Moderator-controlled Information Sharing by Identity-based Aggregate Signatures for Information Centric Networking,” in Proceedings of the 2nd International Conference on Information-Centric Networking, Sep. 2015.
  6. Kohei Sugiyama, Atsushi Tagami, Tomohiko Yagyu, Toru Hasegawa, Mayutan Arumaithurai, K.K. Ramakrishnan, “Multipath Support for Name-based Information Dissemination in Fragmented Networks,” in Proceedings of the 2nd International Conference on Information-Centric Networking, Sep. 2015.
  7. Tomohiko Yagyu, Kenichi Nakamura, Tohru Asami, Kohei Sugiyama, Atsushi Tagami, Toru Hasegawa, Mayutan Arumaithurai, “Demo: Content-based Push/Pull Message Dissemination for Disaster Message Board,” in Proceedings of the 2nd International Conference on Information-Centric Networking, Sep. 2015.
  8. Yuji Manaka, Keita Hasegawa, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “On Live Migration and Routing Integration for Delay-sensitive Cloud Services in Wireless Mesh Networks,” in Proceedings of IEEE International Conference on Communications (ICC), Jun. 2015.
  9. Suhwuk Kim, Yuki Urata, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “Power-saving NDN-based Message Delivery based on Collaborative Communication in Disasters,” in Proceedings of the 21th IEEE Workshop on Local and Metropolictan Area Networks(LANMAN 2015), Apr. 2015.
  10. K. Sugiyama, A. Tagami , T. Yagyu, T. Hasegawa, M. Arumaithurai, K.K. Ramakrishnan, “Name-based Information Dissemination for Fragmented Networks in Disasters,” in Proceedings of IEEE/ACM COMSNETS, Jan. 2015.

研究会・口頭発表

  1. 谷口 航介, 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “CPUの省電力機構を考慮したマルチコアソフトウェアICNルータの消費電力モデルの提案,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2015-92), Dec. 2015.
  2. 石野 正典, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “近傍端末間通信を利用したIoTデバイスへの中継端末の探 索機構に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2015-64), Nov. 2015.
  3. 長谷川 亨, 小泉 佑揮, “[招待講演] 情報セントリックネットワーキング研究の最新動向,” 電子情報通信学会技術研究報告(NS2015-102), Oct. 2015.
  4. 武政 淳二, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, Ioannis Psaras, “ICN のキャッシングによる消費電力削減効果に関する一考察,” 情報処理学会関西支部 支部大会(E-17), Sep. 2015.
  5. 西山 陽央, 石野 正典, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “LTE網における経路制御アーキテクチャに関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-34), Sep. 2015.
  6. 多良 康孝, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “名前ルーティングと ABE を用いたマルチキャスト通信の緊急通信への適用に関する一考察,” マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2015) シンポジウム, Jul. 2015.
  7. 西山 陽央, 石野 正典, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “LTE コアにおける経路制御ベースのパケット転送方式の設計,” 電子情報通信学会技術報告書 (IN2015-37), Jul. 2015.
  8. 長谷川 慶太, 杉山 浩平, 小泉 佑揮, 田上 敦士, 長谷川 亨, “携帯網における協調アップロードを用いた群衆ソーシングのための報酬のモデル化,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2014-145), Mar. 2015.
  9. 金 瑞旭, 浦田 祐毅, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “災害時の基地局消費電力削減に向けた協調通信の応用に関する一考察,” 電子情報通信学会技術報告書 (IN2014-140), Mar. 2015.
  10. 小泉 佑揮, 原田 稔, 長谷川 亨, “マイクロロボットを用いた瓦礫内探索のグラフを用いた解析に関する検討,” 電子情報通信学会総合大会, Mar. 2015.
  11. 西山 陽央, 石野 正典, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “IoTデバイスを携帯網に収容するためのCCNベースのアーキテクチャに関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-67), Mar. 2015.

2014

論文誌

  1. T. Hasegawa, K. Sugiyama, A. Tagami, T. Yagyu, A. Uchiyama, Asami, T, “Towards Green Information Centric Networking,” IEICE Transactions on Communications, Oct. 2014.
  2. Keiichiro Tsukamoto, Masato Ohtani, Yuki Koizumi, Hiroyuki Ohsaki, Kunio Hato, Junichi Murayama, Makoto Imase, “Virtual Content-Centric Networking,” Journal of Networks, Apr. 2014.

国際会議

  1. Masanori Ishino, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, “A Study on a Routing-based Mobility Management Architecture for IoT Devices,” in Proceedings of the 22nd IEEE International Conference on Network Protocols (ICNP2014) PhD Forum, Oct. 2014.
  2. Toru Hasegawa, Yuto Nakai, Kaito Ohsugi, Junji Takemasa, Yuki Koizumi, Ioannis Psaras, “Empirically Modeling How a Multicore Software ICN Router and an ICN Network Consume Power,” in ACM ICN, Sep. 2014.

研究会・口頭発表

  1. 間中 雄士, 長谷川 慶太, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “ワイヤレス環境における広域ライブマイグレーションと経路制御の統合に関する一考察,” 電子情報通信学会技術研究報告書 (CQ2014-72), Nov. 2014.
  2. 武政淳二, 小泉佑揮, 長谷川亨, “CCN のキャッシングによる処理負荷増大とトラフィック削減が電力消費に与える影響に関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-45), Sep. 2014.
  3. 長谷川 慶太, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “マルチホップ通信によるメッセージ集約におけるLTE周波数資源と消費電力間のトレードオフに関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-43), Sep. 2014.
  4. 大杉海斗, 小泉佑揮, 長谷川亨, “マルチコアCCN ルータの電力消費モデルに関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-7-46), Sep. 2014.
  5. 大杉海斗, 小泉佑揮, 長谷川亨, “マルチコアソフトウェアICN ルータの電力消費モデルの提案,” 電子情報通信学会技術研究報告 IN2014-51, Sep. 2014.
  6. 間中 雄士, 長谷川 慶太, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “ワイヤレスメッシュネットワークにおけるライブマイグレーションとルーティングの統合制御の最適化モデルに関する一考察,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 (B-11-9), Sep. 2014.
  7. 多良 康孝, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “安全な携帯電話網で CCN を用いた緊急通信の実現性に関する一考察,” 情報処理学会関西支部 支部大会(E-15), Sep. 2014.
  8. 長谷川 慶太, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “マルチホップ通信によるメッセージ集約のセルラー周波数資源の利用モデルに関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-80), Mar. 2014.
  9. 石野 正典, 津川 翔, 大崎 博之, 長谷川 亨, “グラフエントロピーによる中心性指標のロバスト性推定-- ノードの中心性指標のノイズに対する順位不変性の推定--,” 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2013-101), Mar. 2014.
  10. 杉山浩平, 田上敦士, 柳生智彦, 長谷川亨, “災害時におけるICNを用いた安否情報配信方式の提案,” 電子情報通信学会IN研究会報告, Mar. 2014.
  11. 西島 孝通, 小泉 佑揮, 大下 裕一, 村田 正幸, “光電子融合型パケットルータを用いたデータセンターネットワーク向け 低消費電力化制御の一検討,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2013-179), Mar. 2014.
  12. 中井 悠人, 塚本 圭一郎, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “CCNxルータの電力消費モデルに関する一考察,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (B-7-38), Mar. 2014.
  13. 中井 悠人, 塚本 圭一郎, 小泉 佑揮, 長谷川 亨, “CCNxルータの電力消費モデルの提案,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2013-162), Mar. 2014.
  14. 小泉 佑揮, 村田 正幸, “Internet of Things環境のための情報の時空間局所性制御に関する検討,” 電子情報通信学会総合大会, Mar. 2014.

2013

論文誌

  1. Keiichiro Tsukamoto, Kaito Ohsugi, Hiroyuki Ohsaki, Toru Hasegawa, Masayuki Murata, “Cache Performance Analysis of Virtualized Router on Virtual Content Centric Networks,” International Journal of Next Generation Networks (IJNGN), Dec. 2013.
  2. Masaki Fukushima, Kohei Sugiyama, Atushi Tagami, Toru Hasegawa, Akihiro Nakao, “Minimum Disclosure Routing for Network Virtualization and Its Experimental Evaluation,” IEEE/ACM Transactions on Networking, Dec. 2013.
  3. Takamichi Nishijima, Nobuhiro Yokoi, Yoichi Nakamoto, Hiroyuki Ohsaki, “Estimation of Performance Improvement Derived from TCP/IP Offload Engine with Software Emulation,” International Journal of Computers \& Technology, Dec. 2013.
  4. Takamichi Nishijima, Hiroyuki Ohsaki, Makoto Imase, “Automatic Parallelism Tuning Mechanism for Heterogeneous IP-SAN Protocols in Long-fat Networks,” Journal of Information Processing, Jul. 2013.
  5. Toru Hasegawa, “A Survey of the Research on Future Internet and Network Architectures,” IEICE Transactions on Communications, Jun. 2013.
  6. Takeshi Kubo, Atsushi Tagami, Teruyuki Hasegawa, Toru Hasegawa, “Decentralized Equal-Sized Clustering in Sensor Networks,” IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, May 2013.

国際会議

  1. Yuto Nakai, Dimitri Perrin, Hiroyuki Ohsaki, Ray Walshe, “Performance Evaluation of Cloud-Based Parallel Computing,” in Proceedings of the 3rd IEEE International Workshop on Complex Information Flows, Jul. 2013.
  2. Masato Ohtani, Keiichiro Tsukamoto, Yuki Koizumi, Hiroyuki Ohsaki, Kunio Hato, Junichi Murayama, Makoto Imase, “VCCN: Virtual Content-Centric Networking for Realizing Group-Based Communication,” in Proc. 12th IEEE International Conference on Communications (ICC '13), Jun. 2013.
  3. Yohei Aikawa, Yuichiro Hei, Tomohiko Ogishi, Sumaru Niida, Toru Hasegawa, “Topology-aware clustering to achieve latency comparable to one-frame in multiplayer online games,” in IEEE ICC, Jun. 2013.
  4. Kosuke Matsuda, Kohei Watabe, Hiroyuki Osaki, “An epidemic broadcast mechanism in DTN utilizing contact-duration distribution,” in Proceedings of the 6th Joint IFIP Wireless \& Mobile Networking Conference (WMNC 2013), Apr. 2013.
  5. Kohei Watabe, Hiroyuki Ohsaki, “The effect of locality of node mobility on an epidemic broadcast in DTN,” in Proceedings of the 6th Joint IFIP Wireless \& Mobile Networking Conference (WMNC 2013), Apr. 2013.
  6. Yang Xia, Bong Zoebia, Suguru Ishikawa, Chai Kiat Yeo, YuanYuan Mao, “Enabling Email Access under Intermittent Connectivity,” in Proceedings of IEEE Wireless Communications and Networking Conference(IWCN 2013), Apr. 2013.
  7. Masanori Ishino, Sho Tsugawa, Hiroyuki Ohsaki, “On the Robustness of Centrality Measures against Link Weight Quantization in Real Weighted Social Networks,” in Proceedings of the 2nd International Workshop on Ambient Information Technologies (AMBIT2013), Mar. 2013.

研究会・口頭発表

  1. 塚本 圭一郎, 大杉 海斗, 大崎 博之, 長谷川 亨, 村田 正幸, “仮想コンテンツセントリックネットワークにおける CCN ルータのキャッシュ性能解析,” 電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2013-60), Nov. 2013.
  2. Ryoichi Ishiyama, Keiichiro Tsukamoto, Hiroyuki Ohsaki, “Selective Cache Information Diffusion in Content-Centric Networking,” Technical Report of IEICE (IA2013-34), Nov. 2013.
  3. 小泉 佑揮, 荒川 伸一, 鎌村 星平, 島崎 大作, 笹山 浩二, 村田 正幸, “アトラクター選択にもとづく仮想網制御の実装と実証実験によるトラヒック変動に対する適応性の評価,” 電子情報通信学会技術研究報告 (PN2013-30), Nov. 2013.
  4. 渡部 康平, 大崎 博之, “ノードの移動の局所性がエピデミックブロードキャストに 与える影響,” 電子情報通信学会 第 2 回 NetSci/CCS 研究会 合同ワーク ショップ, Aug. 2013.
  5. 林田 龍一, 渡部 康平, 大崎 博之, “遺伝的プログラミングを用いたネットワークサービス処理 時間のモデル化,” 電子情報通信学会技術研究報告 (IN2013-21), May 2013.
  6. 林 裕平, 西島, 孝通, 大崎 博之, “OpenFlow における遅延付与によるトラヒック平滑化方式,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (BS-5), Mar. 2013.
  7. 原田稔, 小泉 佑揮, 渡部 康平, 大崎 博之, 今瀬 真, “マイクロロボットによる被災地の要救護者探索においてマイクロロボットの性能や機能が目標発見に与える影響の評価,” 電子情報通信学会技術研究報告 (CNR2012-22), Feb. 2013.

受賞

  1. 武政 淳二, 大阪大学 大学院情報科学研究科 大学院基礎工学研究科 嵩賞, Mar. 2022.
  2. 吉仲 佑太郎, 大阪大学 基礎工学部 楠本賞, Mar. 2022.
  3. 樋口 俊介, 大阪大学 情報科学研究科賞, Mar. 2022.
  4. 樋口 俊介, 電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 若手研究奨励賞, Jan. 2022.
  5. 小泉 佑揮, 大阪大学賞若手教員部門(情報指向ネットワーク技術のフォワーディングに関する研究), Nov. 2021. Link
  6. Mohammad Jahanian, Toru Hasegawa, Yoshinobu Kawabe, Yuki Koizumi, Amr Magdy, Masakatsu Nishigaki, Tetsushi Ohki, K. K. Ramakrishnan, Best Paper Award of International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management (ICT-DM), Dec. 2019.
  7. Yuki Koizumi, Suhwuk Kim, Yuki Urata, Toru Hasegawa, Best Paper Award of The IEICE Transactions on Communications, May 2018.
  8. Yo Nishiyama, Masanori Ishino, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, Best Paper Award of The IEICE Transactions on Communications, Oct. 2017.
  9. Kai Ryu, Yuki Koizumi, Toru Hasegawa, Best Paper Award of International Workshop on Hot Topics in Practical Networked Systems (HotPNS 2016), Nov. 2016.
  10. 小泉 佑揮, 嵩賞, Nov. 2010. Link
  11. 小泉 佑揮, IEEE関西支部 学生研究奨励賞, Feb. 2019.