最近の活動

2019/9

EU-NICT研究プロジェクトICN 2020の最終レビューミーティングで、長谷川教授が研究成果を発表し、小泉准教授と山本 瑶司君(D1)がデモンストレーションを実施しました。

2019/9

電子情報通信学会ソサイエティ大会で、山本 瑶司君(D1)、クルボノヴ ウルグベク君(M2)、村井 穏永君(M2)、小山 亮君(M1)、笹沼 涼介君(M1)、増田 大輝君(M1)が発表しました。

2019/8

NSF-NICT共同プロジェクトNICT193の研究打合せに、長谷川教授、小泉准教授が参加し、カリフォルニア大学リバーサイド校、静岡大学、愛知工業大学のメンバの議論しました。

2019/8

増田 大輝君(M1)と樋口 俊介君(B4)が、KKRホテル金沢で行われたICN研究会ワークショップに参加しました。

2019/7

共同研究者の愛知工業大学 河辺教授が共著論文を発表されました。
Yoshinobu Kawabe, Yuki Koizumi, Tetsushi Ohki, Masakatsu Nishigaki, Toru Hasegawa and Tetsuhisa Oda,"On Trust Confusional, Trust Ignorant, and Trust Transitions," in Proceedings of 13th IFIP WG 11.11 International Conference on Trust Management (IFIPTM) 2019, July 2019.

2019/7

長谷川教授が国際会議ACM Information Centric Networking (ICN) 2019のTPCミーティング、ならびにIRTF ICNRGミーティングに出席しました。

2019/7

長谷川教授が栗原 佳輝君(卒業生)との共著論文を国際会議IEEE LANMAN 2019で発表しました。
Yoshiki Kurihara, Yuki Koizumi and Toru Hasegawa, "Computing Node Selection for Location-based Service in NDN Networks," in Proceedings of IEEE LANMAN, June 2019.

2019/7

2019年度 挑戦的研究(萌芽)に、「インターネットにおける名前プライバシー保護技術のモデル化」が採択されました。

2019/6

情報通信研究機構 (NICT) で開催されたオープンハウス2019で位置プライバシーを保護するルーティング・フォワーディング技術のデモを展示しました。

2019/5

山本 瑶司君 (D1) が、ローマ大学で行われた日欧研究プロジェクトの研究ミーティングに参加しました。

2019/5

西山 陽央君 (卒業生)、石野 正典君 (卒業生) の論文が電子情報通信学会 通信ソサイエティ 英文論文誌 Best Paper Awardを受賞しました。

2018/9

武政 淳二君 (D3)、山本 瑶司君 (M2)、北 健太朗君(M1)が、マサチューセッツ工科大学で開催されたInformation-Centric Networking Research Group (ICNRG) の研究ミーティングに参加しました

2018/9

小泉准教授が、Cambridge大学で開催された IEEE International Conference on Network Protocols (ICNP) に運営委員として参画しました。

2018/9

長谷川教授と小泉准教授が、日欧研究プロジェクトICN2020のレビューミーティング (ブリュッセルで開催) に参加し、研究成果を発表するとともに、緊急通信のデモを実施しました。

2018/8

長谷川教授と小泉准教授が、UCリバーサイド校で行われた日米研究プロジェクトの研究ミーティングに参加しました。

2018/7

小泉准教授が 国際会議IEEE HotICN Appreciation Award を受賞しました。

2018/7

北 健太朗君 (M1)、栗原 佳輝君(M2)の論文が国際会議 ACM ICN 2018のフルペーパ に採択されました。

2018/7

山本 瑶司君 (M2)、武政 淳二君 (D3) の論文が国際会議 ACM ICN 2018のショートペーパ に採択されました。

2018/7

武政 淳二君 (D3) の論文が国際会議ACM ICN 2018のポスターペーパーに採択されました。

2018/5

金 瑞旭 君(卒業生), 浦田 祐毅 君(卒業生) の論文が電子情報通信学会 通信ソサイエティ 英文論文誌 Best Paper Awardを受賞しました。

2018/5

情報通信機構と米国NSFの共同公募「スマートコミュニティを支える高信頼ネットワーク構成技術の研究開発」において、UCリバーサイド校、静岡大学、愛知工業大学と共同で応募した研究提案「Resilient Disaster Communications in the Social-Media Era」が採択されました。研究期間は、平成30年度から3年間です。

2018/5

栗原 佳輝君 (M2) が 国際会議 IEEE ICC 2018 併催のワークショップWorkshop on Information Centric Network Solutions for Real-World Applications (ICNSRA 2018) において研究発表を行いました

2018/3

長谷川教授と小泉准教授が、 日欧研究プロジェクトICN2020の全体会合を中之島センターで主催しました。

2018/3

長谷川教授が、Resilient Machine-to-Machine communicationをテーマとしたShonan Meeting (3/26-3/29)をNII湘南国際村センターで開催しました。

2018/2

山本 瑶司君(M1), 北 健太朗君(B4) がUniversity College Londonで行われたICNRGの研究ミーティングに参加しました。

2018/1

栗原 佳輝君(M1) ドイツのGoettingen大学で行われた日欧研究プロジェクトICN2020の研究ミーティングに参加しました。

2017/10

山本 瑶司君(M1) の投稿論文が 国際会議 IEEE ICNP 2017 併催の Poster/Demo Sessionに採択されました。

2017/7

武政 淳二君 (D2) の投稿論文が 国際会議 ACM ICN 2017 のフルペーパに採択されました。

2017/3

西山 陽央君 (M2) が IEICE IN研究会 若手研究奨励賞 を受賞しました。

2016/12

武政 淳二君 (D1) の投稿論文が IEICE Transactions on Communications に掲載されます。

2016/12

武政 淳二君 (D1) の投稿論文が 国際会議 IEEE GLOBECOM 2016 併催のワークショップWorkshop on Information Centric Network Solutions for Real-World Applications (ICNSRA 2016)に採択されました。

2016/9

劉 嘉イ君 (M1)・谷口 航介君 (M2)・武政 淳二君 (D1) が 国際会議 ACM ICN 2016 併催のポスターセッション において研究発表を行いました。

2016/6

大杉 海斗君 (卒業生) の投稿論文が IEEE Journal on Selected Areas in Communications に掲載されました。

2016/4

西山 陽央君 (M1) が 国際会議 IEEE INFOCOM 2016 併催のワークショップThe 3rd Workshop on Name-Oriented Mobility (NOM 2016) において研究発表を行いました。

2016/3

谷口 航介君 (M1) が IEICE IN研究会 若手研究奨励賞 を受賞しました。

2015/12

石野 正典君 (D1) の投稿論文が IEICE Transactions on Communications に掲載されました

2015/12

石野 正典君 (D1) が 国際会議 The IEEE 2nd World Forum on Internet of Things (WF-IoT 2015) において研究発表を行いました。

2015/10

武政 淳二君 (M2) が 国際会議 IEEE MASS 2015 併催のワークショップ Workshop on Content Centric Networking において研究発表を行いました。